独り言の最近のブログ記事

特定調停も任意整理による解決と同じように債権を持つものに対し借金の支払いを行っていくことを前置きとした借金を整理する手順のことです。

 

わかりやすくいうならば裁判所が関係する任意整理といえます。

 

特定調停も任意整理と同じように、自己破産手続きと違い一部の借金だけを処理することが可能ですので、保証人が付く借入金を除き処理していく際や住宅ローンの分以外で整理したい際などにおいてでも使用することも可能ですし全ての資産を手放してしまう必要がありませんので自動車や戸建て住宅などの資産を所有していて、放棄したくない場合でも有力な選択肢になる借金整理の手続きになるでしょう。

 

いっぽうで、これから返済していく額と実際に可能な所得を比較して、ある程度返済の計画を立てられるようである場合は特定調停による処理を進めることに問題ありませんが自己破産手続きと違い借金自体がなくなってしまうという意味ではありませんので、借りている額が多い状況では、残念ながらこの選択肢を選ぶのは難しくなると考えるのが無難でしょう。

 

いっぽう、この特定調停は公的機関が中に入るので司法書士等に関わってもらわなくても不利になるようなことはないという点とか、処理のための諸経費を節約できるという良いところは魅力的ですが貸方からのきびしい取り立てに自ら対処することになることに加え、実際に裁判所に通う手間を要するという注意点もあります。

 

また、任意整理による方法に対して最終段階でも解決が得られないような場合は借入利息をすべて含めた計算で返済していかないといけないことや最終的に貸方に対して支払っていく金額が任意整理による解決の場合よりも割増しになる傾向があるといった留意点もあります。

 

破産申告の際に持っている借り入れに対しほかに保証人が存在する場合は、きちんと話しておいたほうがよいでしょう。

 

さらに、強調したいのですが保証人となる人物が付いているときは、破産申告前に考える必要があります。

 

なぜかというとみなさんが破産手続きを取って受理されると補償する立場の人がみなさんの義務をすべてかぶる義務が生じるからです。

 

ですから、自己破産以前に保証人になってくれた人に、それらの内容や現状を説明しつつ、謝罪の一つも述べなければいけないでしょう。

 

そういったことはあなたの保証人からすると当然必要なことです。

 

あなたが自己破産するのが原因で、有無を言わせず大きなローンがふりかかってくるのです。

 

そうして、そのあとの保証人となる人の行動の手段は以下の4つです。

 

1点目ですが、保証人が「いっさいを返金する」ということです。

 

保証人となる人がいきなり数百万円のいともなく完済できるというような財産を持っていれば、この方法を取ることが選択できるでしょう。

 

ただその場合は、そのまま破産申告せず保証人である人に立て替えをお願いして、今後は保証人となる人に毎月返していくということもできるかと思います。

 

また保証人が自身と信頼関係にあるのなら少しは完済までの時間を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。

 

一括で返すことができなくとも、貸方も話し合えば分割払いに応じる場合も多いです。

 

その保証人にも債務整理を実行されると、お金がまったく戻ってこないリスクがあるからです。

 

もし保証人がそれらのお金を代わってまかなう財力がない場合はあなた自身と同様にある中から債務の整理を選択が必要になります。

http://maruta.be/mzta

続いてが「任意整理」です。

 

この方法の場合貸金業者と示談することにより、5年ほどの年月で返済していく形になります。

 

弁護士事務所にお願いするときのかかる経費は1社ごとに4万円。

 

もし7社からの借り入れがあったなら28万円かかることになります。

 

債権者側との話し合いは自分でチャレンジすることも不可能ではないかもしれませんが、この面での経験のない素人だと向こう側があなたにとってデメリットの多いプランを押してくるので気を付けなければなりません。

 

いずれにしても、任意整理してもらう場合は保証人である人に借り入れを代わりに払ってもらうわけなので、借りた人はちょっとずつでもあなたの保証人に返済を続けていくべきでしょう。

 

3つめですがあなたの保証人も返済できなくなった人といっしょに「自己破産をする」ことです。

 

保証人となっている人も借金した人とともに破産申告すれば、保証人となる人の負債も返さなくて良いことになります。

 

ただその場合は、もし保証人が株式などを登記している場合は価値のある個人資産を没収されてしまいますし証券会社の役員等の仕事をしているのであれば影響は避けられません。

 

個人再生制度を利用するといいでしょう。

 

最後の方法の4つめの方法としては「個人再生をする」ようにします。

 

マンション等の不動産を手元に残したまま債務の整理をする場合や破産では影響が出る仕事についている場合に選択できるのが個人再生制度です。

 

この処理の場合不動産は処分する必要はありませんし、破産の場合のような職業制限資格に影響を与える制限が一切かかりません。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち独り言カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは注目です。

次のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30